整体師 資格取得方法

整体師は手技による骨格や関節の歪みを矯正、調整などを通して心身の健康を図る職業です。

骨格の歪みなどが注目されている今、整体師への関心も高まっている状況です。

また、リラクソロジーの手段としても人気が集まっています。

そんな整体師になるためにはどのような方法があるのでしょうか。

整体師は国家資格ではなく民間資格です。

そのため各団体が主催している試験を受験し、合格することが必要となります。

現時点では各団体や流派の間で統一がもたらされていない状況で、どの団体の資格を取得するかを選択することが最初に必要となってきます。

民間資格ですから、整体師になるためにこれらの資格が絶対に必要というわけではありません。

その気になればすぐに整体師になることも可能なのです。

ですから、整体師になる方法としてはどこかに整体院でアルバイトなどで働き経験を積んでいくという方法もあります。

実務経験を積んでいきながら資格取得を目指すという方法も有力な選択肢となるでしょう。

資格を取得する場合には専門の養成施設に通うか、通信講座などで独学で勉強するかの2種類があります。

後者の場合は基礎知識の習得がメインとなりますから、整体院で働きながらの勉強が理想的となります。

最終的には独立開業を目指すこともできる整体師。

ストレスや疲労の蓄積が大きな問題となっている現代社会において今後さらに需要が高まることも期待されています。

整体師を目指そうと思っている人はまずどの資格を取得するか、どのような方法で取得を目指すかを自分なりに決めておくことが第一となるでしょう。