オーバーシュートとは?

オーバーシュートとはもともとは、砲弾がターゲットを大きく越えて飛びすぎてしまう状態を意味していましたが、為替市場においては、為替相場が予想以上に大きく変動してしまった状態のことを「オーバーシュート」と呼んでいます。

為替相場においてオーバーシュートしてしまうのは、相場が上昇している天井部分、または相場が下落している底部分など。

予想されていた天井値や底値を大きく超えて変動してしまい、オーバーシュートとなってしまうことが多いようです。

また、株式市場の株取引においては、予想よりも大きく買われすぎてしまったり、売られすぎてしまったりする状態のことを「オーバーシュート」と呼んでいます。

つまり、取引市場や投資形態は変わっても、オーバーシュートが「行き過ぎてしまった」状態であることには変わりないわけですね。

FX取引においては、誰もが為替変動に目を光らせていて、そして誰もが損切りラインや利益確定ラインをそれぞれ設定していると思います。

市場では誰かが売買取引をしているために相場も変動しているのですが、損切り注文などが殺到したりすると、急激に為替相場が下落したりしてしまう事があるようです。

また逆に、利益確定ラインとして設定していた人が一気に売買注文を入れると、それが原因で為替相場も一時的に上がったりする事もあるようです。

オーバーシュートは相場が過剰に変動してしまった状態ですが、その変動はあくまでも一時的な状態であることが多いようです。

そのため、オーバーシュートした直後には「揺り戻し」と呼ばれる値の修正が起きて、相場が落ち着くまでは少し時間がかかる事もあるようです。