重層洗顔って何?

ベーキングソーダとも呼ばれていてお菓子作りなどによく登場する重曹は、実は洗顔剤としても大きな効果があることはご存知ですか?重曹の粒子はとても小さいので、重層洗顔などの洗顔として重曹を使うことで、毛穴の中にも重曹が入り込んで汚れをキレイに落としてくれる効果が期待できます。

最も簡単な重層洗顔の方法は、スーパーなどで販売されている重曹をティースプーン半分ぐらい、いつもの洗顔剤に混ぜて使う方法です。

重曹は特にイヤなにおいなどもありませんし、スキンケアアイテムに配合されているような界面活性剤なども一切含まれていないので敏感肌の方が毛穴ケアをしたいときなどにも便利な方法です。

重層が配合されたスクラブ洗顔剤などもあるようですが、重層洗顔の場合にはクレンジングや洗顔フォームなど自分が普段使っている洗顔剤に重曹を混ぜ合わせて集中ケアとして使う方法の方が人気があるようです。

「小鼻の角栓ケアとしてたまに重曹をクレンジング剤に混ぜて使っています。

使いすぎるとブツブツ感で肌が痛くなりますが、この方法で角栓がなくなるだけでなく、小鼻の毛穴も目立たなくなりました。」

「週に一回、洗顔剤に重曹を混ぜてスクラブ洗顔をしています。

軽くマッサージするだけで角栓が取れるのでお風呂の中でマッサージしながら角栓ケアをしています。」

重層洗顔は頻繁にすると肌に負担がかかるので、自分の肌質にあった頻度を見つけることが大切なようです。