大学新卒の求人状況

就職氷河期の再来とまで言われた2010年の大学新卒生の就職率の落ち込みから、2011年にはわずかながら早くも回復の兆しが見え、就職を控えた大学生にとってはホッと一息と言ったところかもしれませんが、しかし残念ながら、この回復の兆しをあまりに過信するのはまだ早すぎると言わざるを得ません。

それと言うのも、急激な円高などの影響を受けて、ここに来て再度企業の経営に負担がのしかかってきているからです。

考えてみれば就職氷河期以来、大学新卒にとっては長く苦しい就職難の時期が継続しています。

こうした時代にあって、就職をいったんあきらめた学生が、就職浪人として大学に残ったり、研究室などに入って就職の時期を先延ばしにしようとする動きも多く見られます。

一方では政府もこうした事態を憂慮し、新卒者体験雇用事業を推し進めるなどの策を講じていますが、思ったほどの効果は得られていないというのが実情です。

しかし肝心の企業側はどうなのでしょうか。

就職氷河期が与えたダメージは、実は大学新卒を初めとする学生たちだけが受けたというわけではありません。

企業側でも本来はあるべき人材の層が失われたことによって、円滑な企業活動に支障をきたしているようなケースも多く見受けられます。

まさに会社は人によって成り立っているのです。

このようなダメージに敏感になった企業は、最初の就職氷河期の時のようにただ大学新卒の採用を見合わせるといった対応ではなく、必要最小限の人材は 確保しておくといった対応に変化しつつあります。

つまり将来の会社を支え、発展させてくれるような人材に関してはしっかりと確保しておくという方向にシフトしているのです。

このように大学新卒とは言え、その質を徹底的に吟味される時代にあっては、大学在学中からしっかりと自分の将来のビジョンを描き、ひたすら努力して成果を出すことが求められることになります。